MurasakiがP-Towerっぽくなりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/--:-- | スポンサー広告 | Comment(-)

【譜面研究】シャナナ☆

よし、譜面研究、すっか!!
その前に、またひとつ言っておくことがございますです。

KID-Pの譜面研究は、フルコン重視ではなくスコア重視でやっていきます。
そのため、片手処理はあんまりないと思います、よろです。

シャナナ☆(EXT:7)=985878/90位

まずはこいつですね、シャナナ☆ですね、なかなか光らないと話題の曲です。

要所要所を俺の思うままに解説していきますです、それではどうぞ。


[曲開始直後]

「なーみだー とえがおがー」
というところ、リズムとりにくい。


 □■□□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □■□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □■□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□

 □□■□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□■□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□■□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□■□

譜面的には単純です、2→6→10 きてーの 3→7→11→15。

ここでの注意は、歌声通りに叩かないこと。

 なーみだーー とえがーおがー
 タンタタン  タンタンタタン
と叩いてしまったらダメです。

 なーみだーー とえがーおがー
 タンタンタン タンタンタンタン
全部4分の4拍子の表拍で叩くとパーフェクトですね。


[プチ乱舞]

「はてしーない しあわせーをよぶー」
の部分です、静かなイントロから急に騒がしくなったところ。
初見だとわけがわからないだろうと思います、ある程度しててもわからないかも。

リズム的には、「タッタカタッタ タカタカタッタ」というカンジ。

一般的な(左半分を左手で、右半分を右手で)叩き方だとまず光らないと思います。
といっても、叩けないことはないのですが、先ほども言いました、スコア重視です。

それを考慮して、右手左手で色分けをした譜面を書いてみましょう。
右手は赤色、左手は青色で表現すると、以下のようになります。

 □□□  □□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□  □□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□

 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□◆■  □□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□  □□□

こういった具合になります、わかるかなぁ。

 タッタカタッタ タカタカタッタ
   左 右右 右
音と手の対応だとこういうようになりますです。

ここで重要なのが、右の2連が入っている、ということ。
光らせるにはどうしてもやっぱりシングルで回したいからね。
この右2連(中指→人差指でとるといい)が最善の手だと思います。

しかもこれ4回も続くから、完璧に出来ないとすごくスコアが落ちちゃいますよ。


[サビ]

「しゃなななななー」
ってところですね、一般的にサビと呼ばれる部分はここ。
ここは交互押しではないです、片手が2回ずつになっています。
まー速度はそこまでないので、詳しくは省略といたします。


[3連譜]

「しあーわせー(ハイッハイッハイッハイ)」
ってところ、モロレゲェ調になる部分ですね。

ここの注意もまた、歌声通りに叩かないこと。

 しあーわせー
 タ タ タ タ
こういう具合に、3連譜と呼ばれるたたき方をしましょう、一定のリズムで。


[ラップ]

「だと思っていたのにっ 思いがけないあなたとの出会いっ
 人生やっぱ捨てたもんじゃないっ 許されたの今までのあやまちっ」
という、4小節のラップパート。

譜面的には小階段が繰り返されるだけです、わかってしまえば楽なのですが。
小階段とは、始点から一直線に3つ叩くような譜面のことを言います。
階段は4つだったよね、それより1つ少ないから小階段。

しかしこの中で一番厄介な部分は、「今までのあやまちっ」という部分。
 □□□□  □□□□  □□  □□□□  □□□□  □
 □□□□  □□□  □□□□  □□□□  □□  □□□□
 □□□□  □□□  □□□□  □□  □□□□  □□□□
 □□□  □□□□  □□□□  □□  □□□□  □□□□
   い    まま    での   あや    ま     ちっ
ずっと小階段階段で続いてきたのに、突然の2つ同時押しの上り階段がきます。
急にきても焦らず、空打ちしないようにしましょう。


[テンションアップ]

「なによりもありがとうかみさま! また人愛するチャンスがきた!!」
 忘れないわこの素敵なサマー!  カモンエバディレウィゴー!!」

この4小節もなかなか厄介です。
リズム的に4つにわけられるし、譜面も4つともちょい異なってるのでそれぞれで解説。
さらに、4拍子ではなく、歌の方にリズムを合わせて譜面をおこしてみました。

①「なによりもありがとうかみさま!」
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □
 □□□□  □□□  □□□  □□□□
 □□  □□□  □□□  □□□□
   ウン    なに    より    も
 □□□  □□□  □□□□  □□
 □□□  □□□  □□□□  □
 □□□□  □□□□  ◆■■◆  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□
  あり   がとう   かみ    さま
始動は同時押し(14+15)、それから右2連(16→11)、左2連(13→10)
再び同時押し(6+7)、そんで右2連(8→3)、左2連(5→2)。
そんで「かみさまー」で対称2つ同時押しが4回。
間に入る同時押しに注意が必要です。

②「また人愛するチャンスがきた!!」
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□
 □□□□  □□□  □□□  □□□
 □□  □□□  □□□  □□□□
   ウン    また    ひと    あい
 □□□□  □□□  □□□  □□
 □□□  □□□  □□□  □
 □□□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□
  する   チャン   すが    きた
これも始動は同時押し(14+15)で、
それから右2連→左2連→右2連→左2連→右2連→左2連→同時押し2回。
間に同時押しをはさまないのでちょい楽になっています。

③「忘れないわこの素敵なサマー!」
 □□□□  □□□□  □□□□  □□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□
 □□□□  □□□  □□□  □□□□
 □□  □□□  □□□  □□□□
   ウン    わす    れな    いわ
 □□□  □□  □□□□  □□□□
 □◆◆□  □□□□  □□□  □
 □□□□  □□□□  □□□□  □
 □□□□  □□□□  □□  □□□□
  この    すて    きな   サマー
一番難しい、曲全体を通しても、プチ発狂と張るくらい難しい。
これもまた始動は同時押し(14+15)で、交互を2回。
そんでもって、もいっかい右交互してから、4→6+7→1 と踏んでーの、左交互。
最後に2つ同時押しの小階段です、むずかしいです本当に。

④「カモンエバディレウィゴー!!」
 □□  □□  □□□□  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□  □□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□  ■■■■
 □□□□  □□□□  □□□□  □□□□  □□□□
ウンカ    モエ   バディ   レウィ   ゴー
1始動の右階段からの8から折り返して左階段。
とどめに3行目の4つ同時押しをしてあげましょう、ここは簡単ですね。


[おしりもOK]

「みがくヘアーもネイルもおしりもOK!」
という部分です、Bサビのちょいあとくらい。

譜面的には単発押しで全く難しいことはないのですが、なんさん光らん。
ここもまた歌声通りに叩いてしまうと、パフェは出ません。

歌声は、4拍子からちょいずれてるみたいなのよね。
だから、歌声に惑わされずにきちんと表拍でタンタンタンタンとリズムよく叩きましょう。


[ラスト]

「悲しみ楽しみめぐって つよくなれー」
という部分、最後ですね。

実のところを言うと、俺もまだここは完璧に光りません、なんでかグレが出ます。
多分3連譜を5回続けてあげればいいんだと思います、線対称の2個押しが続く。


[最後の最後]

「あうぇー!しんうぃみー」
という部分、最後の最後です。
 □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□
 ■■■■  □□□□
 □□□□  ■■■■
   あ    うぇー 
 □□□□  □□□□  ■■■■
 □□□□  ■■■■  □□□□
 ■■■■  □□□□  □□□□
 □□□□  □□□□  □□□□
  しん    うぃ    みー
これはリズム通りで大丈夫です、3連とか余計なことを考えないように。
あと空打ちだけはしないようにしましょう、これだけで20ノーツもあるからね。



といった具合で、『シャナナ☆』はこれで終了です。
やっぱりこうやって細かく見ていくと、解説しなきゃな部分っていっぱいあるんだねぇ。

これから先、もっと密度のある高難易度譜面の研究もやっていこうと思うけど・・・。
まー長くなってしまうのは仕方ないよね、譜面が表現し辛いんだもんよぅ。


というわけで、譜面研究その1でした、お疲れ様でした。
疑問質問リクエスト、なんでも受け付けます!!

2008/10/11/16:17 | jubeat | Comment(1)

← 柿ネゆびーと譜面に関する定義 →

コメント

やっべ、これでシャナナもエクセだぜ!!

2008/10/12/16:44 | ぐらん | URL | 編集

コメントの投稿







管理者にだけ公開する

H O M E
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。